東京都渋谷区「笹塚」の「実践デイトレ勉強会」は初心者にやさしいデイトレードの勉強会ですTEL:090-3530-7032
デイトレ実践勉強会
電話する

1/27 材料 その2

先週(1/20)、7312タカタは米司法省との和解との材料出尽しによる下げ、

それに続く法的整備検討との悪材料が出てS安となりました。

 

その後、売りが売りを呼び投げ売り後、法的整備は目下のところ問題なし、との報道で、今度はS高

 

だいたい投げ売り後は反発して上がります。

投げが出たかは出来高急増で分かります。

個人投資家は投げが出るのを忍耐強くウォッチングし、買いを入れてきます。

辛抱強いことです・・・。

 

本日、タカタのチャートは上ヒゲと下ヒゲのついた陰線となっています。

つまり、買い手と売り手が拮抗しています。本日588円 -31円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引用:株探(Kabutan)より

この後、テクニカル面で1/30(月)のタカタの株価はどうなると思いますか

 

 

一方、業績面(ファンダメンタル)ではどうでしょうか

負債のリコール費用、米司法省との和解金の負債が膨大では

素人的に考えると、回復するにはそれなりの時間がかかるように思われますが

皆様はどう思われますでしょうか

 

3810 サイバーステップ

 

本日、上ヒゲのついた陰線、上ヒゲの先っぽは前回の高値とほぼ同じ。

つまりダブル天井で下げました。

 

個人投資家は、この日、サイバーステップを買い、前回高値に達したかを見ていて

高値到達ですかさず売りに出たということで、売り優勢になった、ということです。

 

個人投資家の方々の中には、まだまだ上がると思って買いまくったり

高値買いで値を戻すだろうとホールドしている方も

 

多数いらっしゃるかと思います。本日1029円 -111

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引用:株探(Kabutan)より

1/30(月)、サイバーステップの株価は

チャート的には明らかに下げですが、どうなるでしょうか

 

 

銘柄選びは大切です。

材料が出て、それを直ちに知り、すぐ飛びつけば利を得ることが出来ますが

遅れると高値掴みになってしまい、地獄が待ち受けています。

 

 

次回、銘柄選びについてふれてみます。