東京都渋谷区「笹塚」の「実践デイトレ勉強会」は初心者にやさしいデイトレードの勉強会ですTEL:090-3530-7032
デイトレ実践勉強会
電話する

3/31(金) 銘柄選び その9(全文はこのタイトル部分をクリック)

3/29(水)は配当権利落ち日、イギリスEU離脱通告や、

今月末には年度末売りのこともあってか

3/30(木)はほぼ全面安でした。

3/31(金)は配当権利落ち分も戻し、日経は好発進と思いきや

引けにかけて利益確定売りに押され、酷い有様でした。

 

 

  • 7717 Vテクノロジー

 

3/29(水)多くの銘柄が下げている中、動意づき、

翌3/30(木)は一時18,000円を越えました。

しかし、3/31(金)には大きく下げてしまいました。

ナゼ下げたのか考えてみましょう。

 

【チャートの読み方】

上昇している銘柄がどこまで上げていくかは

まず直近の高値はどこだったかを見ます。

 

Vテクの直近の高値は3/20前後の18,000円です。

 

この高値をそこそこ元気よく上に抜けていけば上放れで買い、

抜けられなければ売り、と当勉強会では教えています。

 

【下げた理由】

1.3/20前後の直近の高値18,000円を抜けなかったこと。

2.既に5日移動平均線から乖離していること。

3.3/31(金)は月末でもあり、週末しかも年度末であること。

 

上記1~3の理由により下げました。

 

また、当勉強会では、

基本寄り高銘柄は買わない、と教えています。

寄り高となるのは前日の買い注文がたまっており、

それによって上がることがあり、寄り直後、

上げ、下げ、また上げ、と乱高下しますが、

しばらくするとドスーンと下げます。

 

このため、寄りつき後、しばらくしてから

INするようにと教えています。

具体的にどれくらい間を置いたらいいかも教えています。

これにより損失を防ぎ、利益を多くしたり、

損失を少なくすることができます。

デイトレから見て、Vテクは、

3/31(金)下降トレンド入りであることが分かります。

時間軸を多くとった分足を見ると、

どれくらいまで下がるかが概ね分かるので、

空売りを仕掛ければ利益を出すことが出来ます。

 

どのような時間軸をとればいいのかも勉強します。

 

このようにトレードしていくと、

一つの銘柄を追いかけているだけで

利益を出すことが出来ます。

 

なお、必ず寄り高は下げではなく、

寄り高でもどんどん上げていき、

高値をとっていく銘柄もあります。

そういったことも勉強します。

 

私は現在、Vテクは手掛けていません。

 

 

  • 4960 ケミプロ化成

ナゼ、私はこの銘柄をスイングおよび、

もしくはデイトレでトレードしているのでしょうか

 

ご一緒に勉強しませんか。

 

ただ、このケミプロも25日移動平均線から乖離しているので、

調整入り(下落)には気を付けたいところです。

 

 

【ご注意】

 

このブログでアップしている銘柄は

買い推奨しているわけではありません。

他にも、例えばボラ(値幅取り)は低いですが、

6753 シャープのように安定した感じの良い銘柄は沢山あります。

 

 

このブログは、スイングトレードやデイトレ銘柄選択の

一つの目安(考え方)を示しているだけなので、

皆様はご自身で良くお考えになられてから

トレードをなさって下さい。

 

来週から4月入り、新年度に入ります。

機関投資家の新年度ポジションスタートで

毎年4月は値上り期待大ですが

どうなりますでしょうか

 

 

次回のブログ更新は4/8(土)です。