東京都渋谷区「笹塚」の「実践デイトレ勉強会」は初心者にやさしいデイトレードの勉強会ですTEL:090-3530-7032
デイトレ実践勉強会
電話する

デイトレ講座 その38

9/1(土)

 

8月も終了しました。

8月は億トレーダーやその他のデイトレの個人投資家の

ブログを見ていた限り、苦戦し損失を出されていたようです。

 

デイトレに限らず、数日間保有するスイングトレードでも上昇が続かず

すぐ下げに転じるため、臨機応変、変幻自在に対応する必要があります。

また、いつ何が起こるか分からないところがあるため、

デイトレでコツコツ稼ぐ方が優位性があるような気がします。

 

例えば、「3672 オルトプラス」、

良い感じで上昇し、まだいけるかもと思っていた矢先、

新株予約権発行発表を機に、昨日(8/31 金)は寄り高後、

昨日いきなり寄らずのS安となりました。

売って逃げることもできず、

損失を抱えている方も多数いらっしゃるのではないでしょうか。

怖いところでは「6033 エクストリーム」はどうでしょう。

増担保規制がかかりましたが、買い支えがあり、

様子を見ていたイナゴの個人トレーダーが集まって

12,000円の大台を回復しました。

 

一般的に増担保規制がかかっても下がらない時に

仕手筋が買い支えて上げようとする力が働いています。

 

「デイトレ講座 その13」で紹介した

「6467 ニチダイ」もそうでした。

仕手筋が買い支えていないとチャートが大きく崩れてしまい、

その後上げようとしても手の付けようがなくなってしまうためです。

※画像は「デイトレ講座 その13」より

 

つまり、ポン、ポンと上昇を続け、

ある日増担保規制がかかり下落に転じても、

あるところまで下げ、そこから下げ止まって

買い支えがある場合、買いとなります。

 

しかし、いずれは爆下げします。

ですので、デイトレで様子を見ながら

コツコツ利確していくのがコツです。

 

ご承知のように、6467 ニチダイはその後、

S安となり、逃げるに逃げられず、

大損した個人投資家の方が多々いらっしゃいました。

ある著名な専業トレーダーの講演会に行ったところ、

その専業トレーダーが買い煽っていてニチダイを購入したややご年配の方が

高値掴みをしてしまい、講演会で

講師に食って掛かっている光景を目にしたことがあります。

 

6033 エクストリームはスイングトレードでなく、

デイトレで対応していきたいところです。

 

なお、いつもお伝えしていますが

このブログは特定の銘柄を買い煽ったり

売り煽ったりするものではありません。

チャートの動き、市場の動向を踏まえ、

皆様とご一緒に考えることを趣旨としています。

 

 

このブログは2018年9月1日(土)にアップしました。