東京都渋谷区「笹塚」の「実践デイトレ勉強会」は初心者にやさしいデイトレードの勉強会ですTEL:090-3530-7032
デイトレ実践勉強会
電話する

デイトレ講座 その5

4/15(土)のブログで「3758 アエリア」について触れました。

 

この時、アエリアは「グランビルの法則の3段階目」の

上昇モードに入ったとお伝えしました。

その時のチャートは次の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※当時のアエリアのチャートです。画像はすべて松井証券よりお借りしています。

「グランビルの法則」は、端的に云えば、

上昇モードは3段階で終わる、というものです。

例外もありますが、4段階目は弱いです。

 

昨日(5/12 金)のチャートは次の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※3758 アエリアのチャート。画像は松井証券より。

昨日はSQの日と重なって下げていきました。

まさに「グランビルの法則」そのもの。

 

以上はスイングトレードの話ですが、

「グランビルの法則」を知っていれば、

変なところで買いを入れ損失を出すことはないでしょう。

 

次の買いチャンスは、下落しているローソク足が

25日移動平均線を大きく下回り

乖離が大きくなった時です。

 

但し、25日移動平均線タッチで

再び下げに転じることが多いので注意が必要です。

 

以上はスイングトレードの場合についての話です。

 

デイトレの場合、一日単位の売買ですので、

その日の地合、需給の兼ね合いでの売買となります。

 

なお、松井証券での一日信用取引では

「アエリア」はプレ空(空売り)の対象となっていないため

買いのみのトレードしかできないので

下げ局面で利益をとることができないデメリットがあります。

因みに私はそのような銘柄はスルーします。