東京都渋谷区「笹塚」の「実践デイトレ勉強会」は初心者にやさしいデイトレードの勉強会ですTEL:090-3530-7032
デイトレ実践勉強会
電話する

デイトレ講座 その6

「3932 アカツキ」はデイトレーダーの人気銘柄の一つです。

昨日、アカツキを少しばかりトレードしました。

 

5/19(金)

次に示すのは5分足です。

寄り下げスタートで、AM9:20頃から上げ始め

AM9:30に一本杉のように噴き上げました。

 

通常、噴いた後は利食いが出て下げますが、

すぐ立ち直り順調な上昇トレードに入っています。

 

一般的に、前場は上げても後場は下げに転じることが多いです。

 

逆に、前場下げ、後場に上げていく銘柄もあります。

 

アカツキは後場下げに転じました。

 

  • 【5分足】

後場、PM13:00頃から一気に下げ始めました。

おそらく大口(機関投資家)の売り仕掛けが入り、

その売りに個人投資家が追従し、

アルゴ(高速取引)も反応したものと思われます。

 

5分足において、緑色の120分移動平均線

(一般的に75日移動平均線相当)の抵抗線で下げ止まると

安易に考えていましたが、下げ止まらず更に下に突き抜けました。

アルゴが売りに反応し、売りを加速したのでしょうか。

 

こういった場合、どこまで下げていくかを予め知ることができれば

下げ止まったところで買いを入れる準備、心構えができます。

 

それにはまず30分足を見ます。

 

  • 【30分足】

同じく、緑色の抵抗線で下げ止まると考えていましたが

下げ止まりません。

 

株価の動きをあてようとしてもそれは無理です。

 

一般的に、ここで下げ止まるだろうと

自分の思惑、期待が損失を招きます。

 

次に60分足を見ます。

 

  • 【60分足】

60分足を見ると、青い抵抗線で下げ止まるのではと予想がつきます。

やはり、青い抵抗線で下げ止まっています。

株価の方向性、下げ止まる位置を

ある程度正確に知ることができます。

証券ディーラーの一部の方々も60分足を監視し、

株価の方向性を見ながらトレードしているようです。

面倒ですが、60分足を見るようにすると多少勝率が上がるのでは。

 

次回のデイトレ講座は5/27(土)となります。