東京都渋谷区「笹塚」の「実践デイトレ勉強会」は初心者にやさしいデイトレードの勉強会ですTEL:090-3530-7032
デイトレ実践勉強会
電話する

デイトレ講座 その17

7/15の「デイトレ講座 その14」で、

下がれば上がる、上がれば下がると題して

「3341 日本調剤」と「5233 太平洋セメント」を例にとってご説明しました。

 

その時、アップした「3341 日本調剤」の日足とコメントは以下の通りです。

4/14に3,495円の下値、7/5で3,510円の値動きになっており、

いわゆるダブル底です。

 

 

昨日(8/4)の日本調剤のチャートは以下の通りです。

 

  • 3341 日本調剤

 3,925円 -15

昨日は、日本調剤は数日間値を上げ続け、

乖離したので、調整モードとなりました。

来週も調整が続くのでは、と思われます。

 

調整後、また買いを入れれば良いのではないでしょうか

 

こうして、同じ銘柄をスイングトレードしたり

デイトレードするのも一つの手です。

 

次に、上がれば下がるの例として、

5233 太平洋セメントを例にとってご説明しました。

 

7/15にアップしたその時のチャートは次の通りです。

 

  • 上がれば下がる

5233 太平洋セメントの日足です。

昨日(8/4)の太平洋セメントのチャートは以下の通りです。

 

  • 5233 太平洋セメント

400円 -7

ローソク足は5日移動平均線の位置にあり、

下降トレンドです。

 

あの時(7/15)、空売りを仕掛けていれば多少の利益が出たことでしょう。

 

なお、太平洋セメントは、8/9(水)が決算日です。

サプライズであれば上昇するので空売り注意を要します。

 

ネガティブサプライズであれば、

25日移動平均線を突き抜け、窓を開けてドスーンと下がるでしょう。

 

このように、銘柄ごとにベストな売買タイミングをとらえ、

3341 日本調剤に買いを入れ、

5233 太平洋セメントに空売りを仕掛け、

買い売りのヘッジをかけながらトレードすると

安全に買い空売りの両方で利益を出すことができます。

 

これはスイングトレードですが、この銘柄でデイトレも可能です。

 

新興市場の銘柄は浮き沈みが激しく

丁半博打で株価は上下に乱高下します。

それを好むデイトレーダーもいますが、

一般の人には難しい面もあります。

 

また、毎日、出来高増加ランキングを見て

銘柄を頻繁に変えてデイトレードすることもありますが

それを続けていくのはとても疲れます。

 

そういった時には、上記の手法で息抜きしつつ

トレードするのも一つの手です。

 

つまり、日本調剤であれば、買って値を上げたら

売って利益を出し、再び下げたら買いを入れ、

利が乗ったら売る、の繰り返しです。

 

太平洋セメントであれば、値を上げたら空売りを仕掛け、

値を下げたら買い戻し、再び値を上げたら空売り仕掛けし、

値を下げたら買い戻し、の繰り返しのトレードをし、

同一銘柄でのストーカー売買を行います。

 

日本調剤は上げ方向のトレンド、

太平洋セメントは下げ方向で株価の方向が分かり易いので

トレードし易いです。

 

なお、8/12(土)はデイトレ講座はお休みとなりますので

宜しくご了承ください。

 

それでは皆様も良い夏休みでありますように。