東京都渋谷区「笹塚」の「実践デイトレ勉強会」は初心者にやさしいデイトレードの勉強会ですTEL:090-3530-7032
デイトレ実践勉強会
電話する

デイトレ講座 その19

前回、8/18のブログで「窓」について少し述べました。

その時のチャートは次の通りです。

 

  • 3341 日本調剤チャート

さて、昨日(8/25)の日本調剤のチャートはどうなったでしょうか

 

昨日はプレミアム・フライデーで午後(後場)は

市場参加者が少なく、相場に活気がありませんでしたが

それでも多少上げました。

 

  • 8/25 3341 日本調剤

3,625円 +5

以前のブログでお伝えしましたが

5日移動平均線25日移動平均線を上抜き、

その後、好決算だったので窓を開けて値を上げ

75日移動平均線を上抜きました(8/4)。

 

そのまま上げるのかと思いきや、夏枯れ相場も加わって、

再び75日移動平均線を下回り、上記のチャートになっています。

 

再び75日移動平均線を下回ったので、

もうダメか!売りか、と思う方も多くいらっしゃると思います。

 

しかし、8/25のチャートを見ると、下げ止まっており、

鍋底を形成しているように見えます。

つまり、誰かが秘かに目立たないように

買いを入れているようにも見えます。

 

75日移動平均線を下から上に突き抜け、そこで買ったが、

また、75日移動平均線を下回ってしまったので損切したという

話はよく聞きます。

 

でもグランビルの法則の初動を思い出してください。

 

こんなことは日常茶飯事で、

ここから上げに転じるのではないでしょうか

 

似たようなチャートとしては

4528 小野薬品ので囲んだ部分を参考にして下さい。

5日移動平均線は下から上に突き抜け、その後、

悪決算で下落したものの、再び上げて、

75日移動平均線下から上に突き抜けて

前回の直近の高値を更新し、その後調整で下落に転じています。

 

この時の小野薬品の決算は減益で悪かったのに

再び上昇しました。

 

これに対し、日本調剤のIQ(4月-6月)は

大幅な増収増益でした。

 

ということは、再び上げに転じる可能性があると思いませんか

 

因みに、フィスコの業績予想は、

3ヶ月後の予想株価4,300円となっています(あてになりませんが)。

 

3ヶ月も保有しなくても、買いを入れておけば

数日間である程度の利益を見込むことが出来るように思えますが

皆様はどうお考えでしょうか

 

まあ、この銘柄でなくとも、

これから上げに転じると思われる銘柄は多々あります。

その中の一つに「日本製紙」はどうでしょうか

 

  • 3863 日本製紙

2,114円 +29

この銘柄は、IQ減益で売り込まれましたが

なんと割安株です。

つまり、会社の資産より現在の株価は低く、

PERも20倍以下となっています。

 

ということは、やがて見直し買いが入ります。

 

時間の問題で75日移動平均線を下から上に突き抜けるでしょう。

 

ただ、ここでグランビルの法則の初動を思い出して下さい。

また、上述の日本調剤や小野薬品のチャートを思い出してください。

 

75日移動平均線を突き抜けた段階で

再び調整で下落に転じる可能性があります。

その場面では利確し空売りのショートポジを取れば、

それはそれで、また利益を得ることが出来ます。

 

このように落ち着いて経験則に基づいたトレードをしていけば

株を怖がることなく、楽しくなります。

 

お宝銘柄は、まだまだ沢山あります。

ご一緒にこの勉強会で学びませんか

 

いつもお伝えしていますが

このブログは特定の銘柄を買い煽ったり

売り煽ったりするものではありません。

チャートの動き、市場の動向を踏まえ、

皆様とご一緒に考えることを趣旨としています。

 

このブログは8/26(土曜)にアップしました。 

 

次回のブログ更新は9/2(土曜)の予定です。