東京都渋谷区「笹塚」の「実践デイトレ勉強会」は初心者にやさしいデイトレードの勉強会ですTEL:090-3530-7032
デイトレ実践勉強会
電話する

デイトレ勉強会 その3

前回(1/13 土)に、

連騰している「1606 日本海洋掘削」を取り上げてみました。

 

1/15(月)には寄り高後、大きく下げ急落し、大陰線で終えました。

 

この勉強会では、その日特別な材料が出ていない場合、

寄り高はその後下げるので売り、と教えています。

 

1/15(月)急落のリバウンドで陽線が出ました。

 

その後、下値は切り上げているものの、勢いがなくなり、陰線が出現し、

昨日(1/19 金)はかろうじて5日線の上にローソク足が位置していますが

前日の終値を下回り、十字線となっています。

 

テクニカル的(チャート上)ではとても難しい局面となっています。

以下に日足を示します。

 

  • 1606 日本海洋堀削

1/19(金) 3,285円 -35

海洋堀削が上げてきたのは、

原油高と中東情勢が不安定となりつつあることに起因しています。

 

海洋堀削の週足を見てみましょう。

とても長い間、もみ合いとなっています。

一般的に東証1部銘柄において、6ヶ月~1年位もみ合った後には

大相場が待っていると云われています。

(断言するものではないので、鵜呑みにしないで下さい。)

 

次に、月足を見てみましょう。

月足を見てみると、4,000円、6,000円、8,000円が

上げの節目となっています。

それでは、日本海洋掘削と連動する同業他社の株価を見てみましょう。

 

  • 1605 国際石油開発帝石

順調に上げています。

 

次に週足を見てみましょう。

ほぼダブル天井となっています。

 

一般的に、ダブル天井となると、下げることが多いです。

 

逆に上抜けると、上げていきます。

 

どうなるでしょうか

 

因みに、1606 日本海洋堀削の決算は2018年2月7日、

1605 国際石油開発帝石の決算は2018年2月8日です。

 

好決算であれ窓開け上昇となるかもしれません。

決算日には注意しましょう。

しかし、一般的にリスクを避けるために

決算はまたがない方が多いです。

 

1/13(土)に取り上げたGC(ゴールデンクロス)の

5406 神戸製鋼はその後調整で下げましたが、

昨日(1/19)は切り返しています。

 

あの投資の神様の北浜先生は

神戸製鋼は上げるのでは、とコメントしていました。

 

このブログで時々取り上げている3436 SUMCOは上放れしそうです。

SUMCOの今までのファンダメンタルズは極めて良好です。

 

決算日は2018年2月6日です。

 

どうなりますでしょうか

 

なお、いつもお伝えしていますが

このブログは特定の銘柄を買い煽ったり

売り煽ったりするものではありません。

チャートの動き、市場の動向を踏まえ、

皆様とご一緒に考えることを趣旨としています。

 

このブログは2018年1月20日(土)にアップしました。