東京都渋谷区「笹塚」の「実践デイトレ勉強会」は初心者にやさしいデイトレードの勉強会ですTEL:090-3530-7032
デイトレ実践勉強会
電話する

デイトレ講座 その15

4/12(金) 日経平均 21,870 +159

4/13(土) NYダウ 26,412 +269

       ドル/円  112.015(円安)

 

世界景気減速といわれ、

日銀発表やニュースで減速鮮明と叫ばれていても、

今のところは株価はどこ吹く風。

 

月曜(4/15)は殆どの銘柄は特別買い気配スタートです。

 

日経平均のチャートは再び上昇しましたが、

テクニカル的にはトリプル天井です。

 

10連休を控え、また10連休明けは5月。

5月はセル・イン・メイ(5月は売り、下落)とのアノマリーがあります。

 

どうなりますでしょうか

先週(4/6 土)のブログで、デイトレするにあたり、

チャートと日足を見るように、と述べました。

日は重要な役割を担い、日足の「形」と「色」に注視と。

 

生徒さんの中には、このことが良くお分かりにならない方が

多数いらっしゃいます。

具体例をあげてご説明します。

 

皆様がご興味のある、バイオ関連の「4588 オンコリス」です。

 

増担保規制がかかり、ドンドン下落していきました。

1.窓開け上昇

  増担保規制下落

2.上記1の窓閉めで上昇

3.5日線で上昇を抑えられ下落

4.25日線で支えられて上昇

  増担保規制解除(3/29)で4連騰

5.宵の明星出現で下落(下落シグナル)

6.75日線で支えられ上昇

7.宵の明星出現(下落シグナル)

8.それを受けて下落(S安)、5日線で支えられている。

 

このオンコリスはプレミアム空売りが出来るので、

下落局面でも利益を出すことができます。

 

一般的なチャートの読み通りですが、

このことを知らない方はこの乱高下に飲み込まれ

多大な損失を出すことになります。

なお、勿論、チャートが読めないものも多々あります。

 

これはチャート本ではなかなか学びにくく、

実際のトレードで学び、相場勘を養っていく他はありません。

 

つまり、自分の相場勘に需給やテクニカル分析に加え

(過去の値動きから将来の値動きを予測)、

実際のトレードの中でトレンド方向を見極め、

トレードするということです。

 

なお、いつも意識しておくことは、

大口(仕手筋)はある程度上昇したら

一気に利食い下落するということです。

これはスイングトレードに限らず、デイトレでも同じです。

 

さて、それでは「4596 窪田製薬」はこれからどうなりますでしょうか。

因みに、4/9に増担保規制解除となっています。

 

なお、この窪田は確かプレミアム空売りは出来なかったと思います。

ご自分で確認して下さい。

 

なお、いつもお伝えしていますが

このブログは特定の銘柄を買い煽ったり

売り煽ったりするものではありません。

チャートの動き、市場の動向を踏まえ、

皆様とご一緒に考えることを趣旨としています。

 

 

 

このブログは2019年4月13日(土)にアップしました。