東京都渋谷区「笹塚」の「実践デイトレ勉強会」は初心者にやさしいデイトレードの勉強会ですTEL:090-3530-7032
デイトレ実践勉強会
電話する

デイトレ講座 その42

9/10 金曜 AM6:45

今日SQです。

通過すると動きが安定します。

9/8木曜とか昨日の9/9金曜は昼過ぎごろ海外勢がNYダウ先物で突然仕掛け売り

をかけてきて数分間日経平均は大暴落しましたが、その時、驚きました。

要するに、私達の振るい落としにかかったのです。

今日はそのようなことはないと思いますが、油断できません。

怖いですね。

 

新興市場の株なんかはこの振るい落としは日常的です。

皆、これでヤラレてしまいます。

 

今朝(910金曜 AM6:45現在)

ダウ  34879  -151

ナスダックも下げ

SP500も下げ

 

しかし、日経先物 は29920  +120で上げてます。

なんか海外勢はNY市場をセル、日本はバイに切り替えたようにみえます。

全くかってな推測ですが。

 

来週は米のSQです。

流れの変化が鮮明になるかもしれません。

 

今日はどなりますでしょうか

 

【16:00】

今日は、朝、日経平均寄り高のあと、ジリジリ下がりました。

AM10:22、新生銀行がS高気配でSQ値がでず、計算で推定30085円。

AM10:30頃、上海・香港ハンセン指数が始動し、ポーンと爆上げスタート

それに合わせNYダウ先物が爆騰一気に日経平均が上昇

それに引きずられて、多くの個別銘柄も上昇。

まさに圧巻の上げ。金曜なのに午後利食いで下げる気配もなく凄かったです。

 

日経平均 30381  +373

日経先物 30160  +360

 

相変わらず6920 レーザーテック  28250円  +280

半導体関連銘柄軒並み上昇

9984 ソフトバンク  7179円 +54

 

その他、脱炭素9519 レノバ 6110円 +440円

 

すごいことになっています。

あまりにも急ピッチな上昇。

なんか一旦調整が入るか否か、ちょっと怖いくらいですね。

 

【9/11 土曜 AM 7:52】

NYダウ    34607    -271

いま、米では働きたい人の時給が上昇しているということです。

つまり、金融緩和でインフレ傾向になっているということです。

このため、昨日はこのインフレ懸念でNY市場は下落しました。

いずれにしてもNY市場は下降トレンド入りです(調整)。

ナスダック、SP500も下落でした。

半導体は持ちこたえています。

日経先物は29940      -220

このため、残念ながら9/13月曜は多くの銘柄が下落スタートです。

昨日、金曜の上げは一旦帳消しになります。

昨日、利益が出た銘柄を売り抜いた方は正解です。

ほんと相場はこういった外的要因で上げたり、下げたりするので予測不能ですね。

ただ、日本市場はトレンド転換したので上昇基調なのではないでしょうか。

 

【デイトレを始めて間もない方の手法】

1.銘柄

短期間で大きく儲けたいという気持ちからIPOに手をだします。

このIPOは資金が集中しており、金取ゲームの戦場です。

利益を上げる時もあり、いい気になっていると一般的には戦いに敗れ大きく資金が目減りします。

2.新興市場銘柄

やはり、短期で儲けたいという一心からゲームやバイオに手をだします。

また、出来高急増や上昇率ランキングで物色します。

しかし、やはりこういったものは乱高下が激しく、メンタルが崩れ、資金を失います。

また、連日S高の銘柄をみていて、まだ上がるのではと手を出します。

結局、高値掴みで、損切します。

とくに高騰していく銘柄は時価総額が低い銘柄です。

これは仕手筋が仕掛けています。

仕手筋は突然ハシゴを外します。と、連日S安になることが多いです。

3.銘柄探し

毎日、毎日、時間をかけて、アレコレと材料探しに明け暮れます。

やっとこれだと思った銘柄を選んで買いますが、思うように動きません。

こんなことを繰り返します。

4.トレード手法

朝、寄付きに複数の銘柄を買っていきます。大体5銘柄前後が一般的です。

そして数%下げたら損切と、損切ラインをきめその指値を予め入れておきます。

場が動きはじめ、しばらくすると損切の約定音が順次鳴っていき、資金が減っていきます。

 

あるいは損切ラインを設定せず、引けまでもって、利益がでたら利確する方もいらっしゃいます。

昨日のように地合がよければいいですが、地合の顔は毎日変わります。

5.ローソク足

本でローソク足を学びます。

益田足なんか有名ですね。

で、例えば陰線のローソク足が3本でたから買いだ、と手をだします。

しかし、下落が続くことが多いです。そして損切に至ることが多いです。

6.株学校

有名な株学校にいき、学びます。

1年とか2年とかいっている方が多いです。

で、殆どの方が利益をだせません。

そんな方ばかりです。

 

こういったことを繰り返し、気が付くと何年も経過し、浦島太郎になっています。

 

では、どうすればいいのでしょう。

市場に勢いがあるか否か

銘柄数を絞る、多いと集中力が分散されてしまいます。

選んだ銘柄に勢いがあるか否か、そのファンダメンタルはどうか。

トレンド方向はどうか。

チャンスを待つことです。

一番悩むのは寄付きです。

乱高下が激しく、買ってもさがったり、空売りしても上がったりと

振り回されます。

こういった時はトレンド転換まで待ってINすることです。

毎日、研究することです。

 

皆様、良い週末をお過ごしください。