東京都渋谷区「笹塚」の「実践デイトレ勉強会」は初心者にやさしいデイトレードの勉強会ですTEL:090-3530-7032
デイトレ実践勉強会
電話する

デイトレ講座 その18

4/30 土曜

6月末ごろ移転予定です。このため、ご興味のある方はそれまでにお越し下さい。

なお、5月の連休は祝祭日クラスはやっております。

 

4/28 木曜は大幅高になりました。 日経平均 26847円  +461

月末であり、しかも連休前なので、常識的に考えると、ポジションを落とすので、株価は下落

と考えますが、私達の日常の常識と、株式市場の常識とは大きく異なります。

4/28は日銀政策会合で黒田総裁が円安を積極的に止める発言をしなかったので、ドル円が朝方、

確か125円ぐらいだったのが、130円くらいまで進み、先物主導(日経225先物)で、個別株

がそれに引っ張られ、かつ売り方の買い戻しも加わわって上昇しました。もっとも商船三井など決算

の悪いものは下落しましたが。

 

YouTubeや、アナリストなどは、4/30の日は今まで下げすぎたから円安で上げたなんて言って

いる方が多くいました。下げすぎたからではなく円安での上昇でした。

連休明けは上昇と、いっている方もおりました。

そうだといいのですが、果たしてそんなにうまくいくものなのでしょうか

今日の4/30土曜には見解がコロッと変わりYouTubeでは連休明けどうなるのか  

と心配しいます。

 

本日4/30土曜のNY市場は以下のとうりだったからです。

NYダウ      32977   -939  アマゾンの悪決算が下落の引き金

ナスダック    12334   -536  2006年以来の大幅安

SP500      4131    -155

米国債10年   

恐怖指数     

ドル円      129

このため、5/2月曜、日経平均寄りつきはおそらく下げスタート濃厚です。

ただ下げ一巡後は買い戻しで上げるかもしれません?

しかし、FOMCを控え、また日本市場は連休で休場なので、様子見で軟調かもしれません。

 

このような動きは、勘ではなく、また、難しいことを考えずにこの勉強会での指標に

従いトレードしていけば、そこそこの利益をだせる可能性があります。

 

なお、皆様お気づきのよに、ここのところ米国株の下げに対し、日本株は強いです(円安メリット)。

すなわち4/27水曜にもNYダウは33258 -809大幅下落しました。

日経225のナイトセッションではこの日、NYダウにほぼ連動して26010 -640でした。

このため、4/27水曜の日中は日経平均はかなり下落するかと思いましたが、すでにナイトセッション

で下げていたため、10:25ごろには買い戻しで26240円に上昇しました。

昨年ですと、ダウが1000ドルぐらい下げると、日経平均は一日中下げ大暴落でしたが。

 

今回、4/29 金曜のナイトセッションでのCME日経平均先物は26745 -530で終えています。

なので、5/2月曜は9:00前後下落スタート濃厚ですが、一日中下げず、4/27のように10時前後から

買い戻しでげるかもしれません。しかし、実際はその日になってみないとわからず、FOMCを控えているので引け

にかけてリスク回避の動きになるのかもしれません。

また、中国はコロナ対策のロックダウンで景況感が悪化しており心配です。通常、10:30に中国市場

はオープンですが、幸いにも、5/2の週は中国市場は休場です。

 

 5/4 米FOMC発表があります。

 利上げ0.5%は市場では織り込み済です。

しかし、

これが年何回行われるか、市場予想より利上げ回数はふえるか

0.75アップについて言及されるか

金利上昇(金融引き締め)に対し抱え込んだ債券の量を減少させる量的引き締めがいつか、その量

はどのくらいか 

などが焦点になっているようです。そして、これらの内容如何によっては大きく動くかもしれません。

たいしたことがなければ、大幅下落はなく、逆に材料出尽くしで上げるかもしれませんが、内容によって

ドスン↓かもしれません

怖いですね。

 

デイトレであれば、その日、寄り付き下げなら空売りから入り利益を上げることが出来ます。

あるいは寄付き上げなら買いから入り、利益を上げることができます。

寄り付きから9時半頃まで、あるいは10時頃まで下げ、それから上げるか否かなどは、朝方のNY市場の終値

や日経225ナイトセッションの終値である程度、予測がつきます。

なので、慣れればほかの個別株より動きがわかりやすいといえます。

換言すると、ほかの個別銘柄ではやれ決算内容はどうかとか、買い材料のIRがでたか 需給はどうか、

と多大な時間をかけて分析しなければなりませんが、日経225miniではその手間がありません。

個別銘柄は皆様ご経験のように分析してもあたらないのが実情ですし。

また、多くの個別株は日経225の動きに追随しますので、日経225をやればいいことになります。

日経225miniならNY市場の動向をみていればある程度ですが動きがわかります。

 

今週の4/26 火曜、AM9:26に、最近いらした生徒さんから下記メールをいただきました。

おはようございます。

この前はお話ありがとうございました。

今朝 百二十五円 下落幅取れました。

 

銘柄は日経225miniです。125円というのは1枚で12500円の利益が出たということです。

1枚でのトレードは投資資金10万以内の少額資金でできます。

いつも10枚でやっていらっしゃるライバルさんなら125000円の利益になります。

たった20分でです。

生徒さんは利益をとれたので、うれしく、AM9:26にすぐご報告してくれたのでしょう。

わざわざのご連絡ありがとございました。

 

もし、5/2月曜 4/26火曜のように、9:00以降、日経下げスタートなら、同じようにやれば、同様に利益を上げることができるということです.

 

 

それでは楽しい連休をお過ごしください。