東京都渋谷区「笹塚」の「実践デイトレ勉強会」は初心者にやさしいデイトレードの勉強会ですTEL:090-3530-7032
デイトレ実践勉強会
電話する

デイトレ講座 その17

4/26(金) 日経平均 22,258 -48

4/27(土) NYダウ 26,543 +81

       ドル/円  111,575(4/27現在)

 

日経平均とマザーズの動きです。 

10連休前なので、海外で起こるかもしれないリスク回避のため、

皆様ポジションを落とすのでは? 下げるのでは? と予想していたにも拘らず

強い動きで、昨日で平成最後のトレードとなりました。

 

普通は10連休前なので下げるのでしょうが、

「令和」に向って下落するのは好ましくないと

誰かさんが陰で支えてくれているのかもしれません。

 

そうであるなら、5/7(火)は令和初日のご祝儀相場になるのかもしれません。

 

新元号発表の日、ご祝儀相場で上げて始まったように。

 

しかし、実際はその日になってみないとどうなるか分かりません。

 

私達日常生活の一般常識と、株式市場の一般常識とは

ブレがあるといいますか、真逆の関係にあるといいますか、大きく異なります。

 

なので、常に思考をニュートラルにして

時々刻々と変化する相場からもたらされる情報に合わせる必要があります。

 

ここが相場の難しさですが、

意外と基本書通りの動きをすることも多々あるので、

それを知ってそのタイミングを待つことが出来る人であれば

利益を上げることが出来、この意味ではトレードはさほど難しいものではありません。

 

  • 7268 タツミ

1.仕掛けにより突然S高になりました。

2.次の日も上げました。その理由は何でしょう

  お考えになってみて下さい。

3.急騰急落。しかし5日線がサポートラインとなり

  上昇に転じました。熟練のデイトレーダーはここで買いをいれます。

4.再び上昇しましたが、460円になった途端急落しました。

  ダブル天井になったため、一斉に売りに転じたのです。

  ベテランのデイトレーダーはこのことを知って売りに転じます。

  このことを知らなければ逃げ遅れ、損失を被ります。

 

なので、チャートの動きを勉強して欲しい、と

このブログで言っています。

 

このようなことは、前回のデイトレ講座その15

その16でもお伝えしています。

 

 

さて、最近お二人の生徒さんが補講に来られ、

メールを頂きましたのでご参考にご紹介します。

こちらは元格闘家の方です。

 

 

高山様

 

先生、お世話になっております。

 

デイトレ用銘柄、有難うございます!

 

先週、午前中に少し時間があり、

村田製作所でデイトレをしましたらプラス12000円でした。

わずかな時間でしたが、先生に教わった通りにやって勝つことが出来ました!

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。有難うございます。

 

来週も忙しくなり、デイトレする時間が少なくなりましたが、

先生に教えて頂いた通りに、スイングとうまく組合わせて頑張って参ります。

 

今日のライジングも楽しみで録画しながら見ます!

今は株の次に格闘技になりました!

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

 

下記メールのもう一人の方は元先生です。

 

 

高山先生

 いつもお世話になります。先週の金曜日にお世話になりましたIです。

午後に用事があり外出しており4/22(火)の取引の報告が遅れ大変申し訳ありません。

結果から申しあげますと、本日は●●●の取引のみに特化し、収支は+28,131円でした。

(詳細は添付ファイルをご確認願います。)

しかも、負けた1回は上向きであったのに、空売りの損切が遅れ、

そのまま空売りを引っ張ってしまったことです。

よって、指標に従わず、自分の憶測で取引をしてしまった事が敗因であり反省点です。

 

 一方で収穫できた点としては、高山先生にご教授頂きました、

時間差攻撃による利益の最大化を目指す投資法が実践でき、収支がプラスで終える事ができた点です。

今までは取引回数もかなり多く心に余裕を持って取引に臨む事が中々できませんでしたが、

今回の新しい投資法においては、ゆったりとチャンスまで待つことができ、

取引回数も減り、心に余裕を持って取引できる様になりました。

 

 本日の取引を終了して思うことは、高山先生のコメント通り、「毎日がカジノ」という言葉がピッタリです。

勝っても負けても株式投資を楽しむことが一番であると感じました。

また、負けたら授業料を払って勉強させて頂いたと自分を戒める事と

敗因を検証することが必要であると感じました。

そして、本日の収支をプラスで終える事が出来たのは、

高山先生の新しい投資手法を学習した事と相場の神様が味方となってくれたことが最大の要因です。

自分の力量はまだまだ赤子同然なので様々な試行錯誤をしていき、

何とか株式相場で生き残る事ができる様に精進していきたいと思います。

本当にありがとうございました。

 

 

質問

①巷の株式投資の本を読むと「板読みが大事である」と良く書いてありますが、

機関投資家などが相場をコントロールしている様な感じがします。

また、アルゴリズムによる取引や見せ板などがあり、

板の数値が買い方優勢の状況であっても株価が急落する事が多々見られる

(売り方優勢で株価が急騰も有りで、板に表示される数値は信頼度は落ちていると感じます。

それよりも●●●の方が信頼できると本日の取引で感じましたが、この推測に関してはどうお考えでしょうか?

②この取引手法に慣れてきたら、ロット数を増やそうと考えております。

先日の講習会で、●●●の板は100株なども多いですが、

200株で勝負しても大丈夫という事の根拠は、①の質問の通り、板はあまり信用できなという概念からでしょうか?

 

③今後は、仕手化銘柄の攻略を考えております。

良く株式相場では、「情報が発表された時には既に急騰または急落している。」という事が良く言われております。

 

なかなかよく考えていらっしゃいます。さすが元先生です。

 

ただ漠然とトレードしていても、利益を上げることは出来ません。

 

チコちゃんに叱られますよ。

「ボーッとして生きてんじゃねーよ

「ボーっとして株やってんじゃねーよ

 

いつも頭を使い、何故 どうして? という意識、チャートが夢に出てきたり、

トレードしている夢を見るくらいに取り組まなければ

勝ち組になるのは難しいかもしれません。

 

ただ天性の才がある方もいらっしゃいますが。

でも、そんな方々も大損をしています。

 

あと、今後の動きを予測することも必要であり、

(過去の動きを知って、その後を予測:温故知新、古きを知って新しきを知る)

しかしながら、現場(その場の相場環境)でそれを修正して

対応していく訓練も必要です。

 

  • 3092 ZOZO

決算に向けて、ジワリジワリと上げていきました。

 

昨日、決算で下落。

 

ZOZOは巷では色々な話が飛び交い、

株価は低迷するのではと云われていたのに、

っていた人がいてジワリジワリと上げていたということです。

 

ニュースなどなどに目を向け、アンテナを張り巡らし

それとチャート上の動きとを考えて頂きたいと思います。

そうすれば決算も予測できたはずです。

基本的に、決算跨ぎは避けます。

 

ただ、銘柄によっても決算を意図的に跨いだり、

決算日前、あるいは決算発表当日の動きを見て買うこともあります。

 

難しいところですが。

 

なお、いつもお伝えしていますが

このブログは特定の銘柄を買い煽ったり

売り煽ったりするものではありません。

チャートの動き、市場の動向を踏まえ、

皆様とご一緒に考えることを趣旨としています。

 

 

このブログは2019年4月27日(土)にアップしました。